未分類

いよいよ
            私の

スノーボードシーズンが始まる!!



 キャンパーは以前からのX8V(写真の黒いボード板)と新しくグラトリ用にNUGを手に入れた(左のグレイ縞模様)
 しばらく雪に慣れるためにX8Vで練習していたが、脚がパンパンになることもなく、連日、ボードに興じることが出来るようになったので、12月31日、初めてNUGを試してみた。
 NUGはバートンのショートボードで、従来の概念を大きく転換した板である。幅はやや広いため、長さは従来の板よりも-8cm~-10cm位短い板を選ぶが、特に-12.5cmの142cmを選んだ。
 スタンスは3cm広くしたため、ビンディングから両端までが短く、ハネるのはX8Vに比べてやや弱い(?)が、取り回しの良さはすごい利点。

今シーズンは・・・。
 12月21日から1月11日までの年末年始の長期休暇を頂き、スノーボード三昧で北海道に来た。
昨年と異なり、暴風雪、降雪の日々で、何とピーカン、青空はたった1日。
 昔、娘が東京から帰省をかねてボードのために札幌の家に帰ってきて、私も一緒にボードに出かけたが、私は降雪の時に滑る気にはならず、ドタキャンばかりして娘に嫌がられた。でも私は降雪でも休みなく出かけていく娘をみて、何を無理するのかな・・・と思ったものだ。
 今、北海道に来てみると、降雪でも平気というか、休むのがもったいないので滑りに出かける。
 今になって娘の行動が理解できるとは。

 暴風雪もいいもので、2日滑って暴風雪の予報を理由に1日休み、また2日滑ると丁度いいサイクルになった。

 
ミニ(ショート)ボートBURTON NUGの味
 BURTONから今季初リリースされたNUGは、やや幅広く、新機構で通常より短い板を選ぶVロッカーである。
 NUGについて、いろいろ感想や意見があるが、実際に乗ってみて何のことはない。
 基本技術通りにしっかりと板を押えて乗りコントロールすれば全く問題なく、素直に動く。むしろターンの切れがよくなり、シートターンは勝手に切れてスルスル滑るように感じる位。もちろん、リーンも、ダイナミックターンも別に違和感はなかった。
 「そんな短い板で、スタンスを広くして、さらにダックにして、よくまあカービングがきれいに出来るね」とイントラから感心されるようになった。
 もちろん、深雪(パウダー)では、キャンバーよりもいい感触。
 もちろんキャンバーが家での三食の位置とすれば、NUGは気分転換の外食の味かな。あるいは茶漬けかな。