未分類

薬草園の害獣侵入防止の柵

 和気町の薬草園は今までイノシシ、シカの食堂であり、遊び場だった。それでも特に問題は無かったようだが、サンシュユ、ニッケイが被害を受けるに至り、薬草園の害獣侵入防止の柵の改修作業が懸案となっていた。


泰造さんの尽力により特注で立派な金網が納入されたので、30日は取り付け作業となった。土曜日のため参加呼びかけは通知のみにしたため、有吉正春・石野芳子・石野泰造・山本泰正・目賀隆青・時岡圀昭・山本定義の皆さんと、新規参加の幡基好子さんであった。

 みんなが作業に取り組む中、鹿野も参加したが前夜に飲んだ生乳のためか、夜中は2~3回の下痢。薬草園ではカッコだけで、フラフラ。大した作業もせずに高価なカステラはしっかり食べて早引け。 
  
 結局、防獣金網取付作業は午前中の予定を大幅に遅れ、午後2時頃に終えたそうな。
 皆さんの尽力には頭が下がる。 唯々感謝以外にない。

 薬証会の終わった時間に、石野芳子さんが腹下しに最高に聞くという「梅肉エキス」を持ってきて下さる。
 お~~っ酸っぱい。 これは絶対に効く!!!
みんな本当にいい人達である。
みんなの尽力と共に、陰の力である総務の目賀隆青さんの準備、手配は余人に代えがたい。

未分類

サンシュユtopics

[ 調査 ] サンシュユを和気町内各地に植栽したが、3月の定例会はその状況を知るためのツアーとした。

 それぞれの場で担当者は工夫して植栽作業を終えられていたが、ミミズを探すイノシシによる畑の掘り返し(の余波)、シカの新芽食害が見られ、その対策が課題となった。
(←イノシシによる柵の破壊)
 特に拠点となる薬草園は被害が大きく、拠点圃場として機能させるために防獣対策の柵の抜本的な改善を行うこととなった。

[ 発芽 ] 一年前、信頼できる薬草園からのサンシュユの種子を入手し、先月播種していたが、発芽が確認できた。

特にポットに播種した分はすでに120中40本を越す発芽率で、今後が楽しみである。
 嬉しくて一日何度も双葉を数えに行く。

[ 補助金プレゼン ]
 「和気町協働事業補助制度」があり、会で補助金を申請した。
一次の書類審査に合格し、3月26日、プレゼンテーションで二次審査されることとなった。
最初なので鹿野がパワーポイントを作成しプレゼンを行った。
 まずはいい雰囲気で行えたと思う。
 今後は適宜会員が、特に少しでも若い会員が行えるように人材養成をすることが必要である。

 ↑ 説明風景
 審査員各位、町役員→

これだけ順調なのは、会長、副会長、総務担当はじめ、それぞれの会員の熱意、知恵、努力、労力、全てがあってのことである。
 きっと、成功すると思う。 感謝!!!

未分類

サンシュユの花が…。


 札幌-小樽-蔵王、好天と雪面を求めた旅から戻れば、庭と圃場にはサンシュユの花が3分咲き。


 そして温かい日差しを浴びてみるみる開花が進んでいく。
 西洋サンシュユと(東洋の)サンシュユを比べて、西洋サンシュユの方が遅咲きのようだ。
 モンシロチョウがヒラヒラと目の前を横切り昆虫の活動がゼロではないが、ミツバチの活動温度を考えると遅咲きの西洋サンシュユの方が蜜源植物としては有利と言えるかもしれない。
 また、茶花出荷としても両種を組み合わせて植栽すれば出荷の長期化あり、良く管理すれば目的に従って両方を植栽することが良いと言える。ただ、医薬品用としての用途から両種の分別管理は重要である。
 昆虫の活動はサンシュユの実付きでも差が出るかもしれない。 
 今後の計画で配慮すべきことと言える。

[菜園は] 14日朝、棟梁から「ジャガイモを植えるぞ」っと連絡が来る。
 お陰でジャガイモの植え方が、去年の「ネット知識系の我流」からお百姓の孫弟子の正調になった。
 

未分類

極道爺は通院治療へ~

[通院] 3月3日から18日まで寺子屋の予定が入っていない。
 この隙を逃さずにボード菌に感染した重病の治療に行くことにした。
 3月3日に、いつものごとく棟梁に無理をお願いして山陽インター高速バス停まで送ってもらい関西空港ー千歳空港経由、小樽へ。ガンを闘病・克服中の友人に会う。元気でよかった。
[通院 その1] 最初の通院先はキロロリゾートにした。

 4日 早朝は快晴だったが、すぐに薄曇・小雪になった。前日までの猛吹雪のおかげで新雪、深雪のパウダーゾーン、林間とフワフワ三昧。もう大満足。
 5日 ボードスクールの大日方校長が私を見つけて声をかけてくれる。
 香港ANAの曾くんと1日一緒に遊ぶ。彼のターンはドリフトだったので、ゲレンデ滑降を楽しみながらカービングターンを教えた。彼は正月は初心者だったのに、運動神経が良くて、両脚がバンバンと悲鳴をあげながらもロングカービングターンどころかショートカービングもほぼ習得して上級のレベルⅣクラスになった。若いっていいな。 事故防止に早めに休息。
 6日 雨・雨 ああ春だな~と思うが、こんな日は休み。
 このブログを書いたら札幌に遊びに行こう。 


 7,8日
キロロ
リゾートで
 
ヤンチャ

する。

[通院 その2]
 9日 大荒れで山形直行に変更. 小樽からのJR快速は完全マヒ、釧路行特急に紛れ込んで、やっと千歳空港着。ANA便も大混乱、チェックインした便は5時間以上の大幅遅れで、成るようにしか成らないと諦めていたら…突然呼び出しがあり、まもなく出発するコードシェア便に席を確保したから移れと言う・・・救いの神出現。
 手荷物も積み替えてくれて搭乗. 仙台空港ー山形駅前ホテル着。
 10、11、12日 蔵王温泉スキー場の中央ゴンドラ乗場が目の前の「ぼくのうち」に宿泊。
 特に12日は今シーズン一番の好天で最高の一日。 


 蔵王の広大なスキー場のほぼ全てのゲレンデを堪能した。
 ANAの空席状況から12日ギリギリまで遊び、16:30、蔵王温泉バス駅の隅で着替えて、仙台に。
13日は極めて順調に仙台空港から伊丹空港-相生から和気着13:00、迎えに来てくれた棟梁に会う。

 お詫び その1  石野芳子さんから問い合わせがあってニッケイの苗の水遣り管理を忘れていたことに気付く。まあ、年寄りだから。このままではニッケイ苗は日干しの拷問。
 ところが泰造さんがわざわざ管理してくださるとのこと。やった~!  ありがとうございます。いい人達万歳、テゴ文化万歳。
 あっ…ガスの元栓は締めだが…エアコン止めたかな。…止まってました。