未分類

キウイ棚と日曜大工

 何度かキウイを頂いて、何となくキウイを育ててみるかという気になった。
 背を押したのは、巨大なキウイ(黄果肉)の苗の案内が来たからもある。
 今年は苗を植えて、伸びれば来春は棚を作ろうと計画していたが・・・。
 どんどん伸びるので急遽棚造りを始めた。
 柱は以前にT棟梁と一緒に美作に行ったとき持ち帰ってくれたもの。
 大工道具はチェーンソー以外は普通の鋸、金槌、錐くらい。

 でも、柱を切りそろえ、束石を据えて固定し、防腐剤を塗り、柱を立てて横木を取り付け、カスガイを取り付けて、完成。

 1日半かかったが、ちょうど良い高さで完成。
 T棟梁は、「チェーンソーだけで、大したものだ」とほめる。
 私には楽しい工作の時間だった。
 あとはキゥイフルーツの実るのを待つだけ。

 

未分類

初夏—サボテン

  和気町田土(上田土地区)のS氏宅は、急斜面にあり、立派な高い石垣が積まれた上に建つ。
 その石垣にはサボテンが育っている。
 S氏宅を訪ねた時、満開期で見せて頂き、整理のため抜かれ捨てられていた(?)サボテンを持ち帰った。
 そして庭にありあわせの石を積み、サボテンを植えた。
 高さ50cmにもならない石積だが、何もしなくても次第に定着して毎年立派に開花する。
 さすが晴れの国、雨が少なくて根が腐ることなく育つ。和気は住みよい気候環境だが、サボテンは自生で育ち、サンシュユは不適合で水遣りに追われる。
 植物の宿命なのだと思うがサボテンが庭で満開なのはチョットうれしい。




未分類

平成30年度NPO総会
 平成30年5月16日、17:00から、和気駅前の旅館杉金にて、「NPO法人 薬草木を育てて地域産業と観光資源を創る会」の定期総会を開催した。
 13名中3名の委任状出席で、10人が参加した。
平成29年度事業報告や経理報告は、問題なく承認された。

 平成30年度の事業計画では、山茱萸植栽事業の中止に伴い、「薬草木を育てて」の事業が無くなることから、法人名との齟齬があり、法人名を略称の「和気創る会」等、事業に即した法人名に改める案が理事長から提起された。
 しかし4年間の「薬草木を育てて地域産業と観光資源を創る会」の名称に対する愛着(?)からか議論がまとまらず、改名の件は今後の継続課題とすることとなった。
 ただ、法人の事業は、サンシュュ植栽の圃場に対して、管理者の要望に合わせて継続して肥料の供給を行い、また病虫害や剪定などの樹木管理については、従来通り行う責任があることが確認された。
 懇親会は杉金旅館のお手間入りの料理で、楽しい会話が続き、散会した。

未分類

経年劣化
 今年のGW中に経年劣化で寿命が来たものが2つ。
 ひとつは炊飯器。ナショナルの5合炊きなので、家族が多かった時代の物・・・そう、十数年は経っているはず。
 内釜のコーティングが米粒3つ分位の大きさで剥がれた。
 そして、何よりも芯入りの不味いご飯が炊けて、続いてまた不味い芯入りのご飯。
 とうとう、経年劣化だろうと、ネットで新しい物を探す。
 独居老人向きに3合炊きにする。
 そして取説を読んで新しいことを知った。


 今の時代、お米の種類(銘柄)で炊き方が異なるらしいとか。
 玄米や5分搗き米など白米以外は、保温は、故障の原因とか。
[驚いたことに、新しい炊飯器のご飯の美味しいこと。同じコメを食べていたとは思えない。技術は進歩していることを実感]
 
 この冬、寝室の暖房がいまいちだった。
 エアコン設備を新しくすべきかなと感じていた。
 今のエアコンは、居間の古いエアコンを移したのだが、前の居住者が設置した物で、これも十数年前の機種に違いないから、暖房力低下は経年劣化だろう。
 ジャパネットの新聞折り込みチラシで選んで注文し、今日納品されて、明日(5/9)設置。
 PCのプロバイダー契約が重複していると言われて、「えいっ」とばかり、整理したら、回線がアナログになり、ネットの接続がダイヤルアップで、スムースでない。
 これは経年劣化ではないが、再構築に合わせてバラバラの請求を一本化してもらうため、i-Phone Xがソフトバンクなので、SBに相談に行き、携帯電話や、光回線、プロバイダー等全てまとめる案を作ってもらった。
 これでネットもサクサクと動くに違いない。
 
 さて、自分の体の経年劣化についても考え、終活にも力を入れるべきだが・・・どうも自覚がない。
 今春は、庭にキュウイフルーツの苗や、枇杷の苗を植えて数年後の収穫を期待し、杉金旅館から白藤の枝を貰って、挿し木して花盛りを期待する。
 これは困ったことだ。
 まあ、次に住む人が楽しむことを想像して植栽を楽しめばよい。
 



 


 
 
 
 
 

未分類

パスポート更新

 パスポートの期限が半年近くになり、有効期限が半年以内では入国できない国があり、更新を申請した。
 新しい旅券の番号が、何と TS0●0●00● で、しかも●の番号の2つが同じ。
 少なくとも覚え易くて良い番号 !!
 振り返れば、1978年6月に最初のパスポートを手にして以来、40年が経ち7冊目の旅券になる。

 10年前と顔写真を見比べると、髪は丸刈りで差はないが、目尻が少しタレてきている。老いたな・・・・。
 今回の旅券の有効期限(2028年6月)が切れる時は 88歳で、恐らくこれが最後の旅券かと思う。
 渡航歴は百数十回になるが、古い6冊の旅券を開いて、いろんなスタンプを眺めながら、その時々の出来事を振り返り、それぞれお世話になった方々(多くは逝去された)に思いをはせる。