未分類

台風一過

 昨年のプチ迷走台風に続き、今年は本格的な迷走台風。
 我が和気のすぐ南を西進したが、何と和気では普段の雨天と変わらない雨量で、風も特に意識するほどでなく、一二度庭木が大きくしなっただけ。
 以前にも、台風情報では、すぐ近くの10Kmも離れていない市域を台風の目が通過している筈なのに、普段の雨の日と変わらないことがあった。
 和気は住み良い特別な土地である。

 そして台風一過、朝、庭や畑の草木を見て驚いた。
 時々散水して需水に対応しているつもりだったが、それでも猛暑も重なりひどい夏枯れ状態。
 しかし台風による自然の水(雨)と気温の低下は、一気に植物を生き返らせる凄い力があった。
 一夜にしてみんな生き生きと新芽を出して伸びている。

 トマトや空芯菜、ピーマン、オクラなど、農家の方や家庭菜園をする方々が野菜を届けてくださる。
 みんな瑞々しく美味しい。
 我が菜園は夏枯れそのもの。それらと比較して、恥ずかしい限り。
 野菜を夏枯れささない努力を日々されているのだと脱帽、敬服の限り。

 ああ、でも地球の病気はどうすればよいのだろう。
 知人は「太陽発電も、古くなって交換したパネルの処理方法がまだ無い。廃品山積み。原発と同じ状態。先のことを考えずに、こんなことで良いのだろうか」と・・・・・。納得 !!


未分類

松山薬証会・最終

 薬証会は、1977年、卒業後も勉強する会をと望まれ、漢方を学ぶ集まりという事で「薬証会」と名付けて発足した。
 そして岡山に移住して、最後に岡山の先生方に限定して岡山薬証会を、しかも寺子屋方式で始めた。
 岡山は40年位前に2年間、130人の参加を頂いて開催した。
 岡山が終わり、薬証会40年の幕を下ろすかという時に、クラシエさんから徳島で薬証会をとのOFFERがあり、最後+1回ということで徳島に2年間通った。
 そして徳島が終わる頃に松山でと。
 松山では、広島での薬証会に参加された医師の先生、新居浜の薬証会に参加したという薬剤師の先生も当時の資料持参で来て下さり、さらに徳島薬証会に参加頂いた薬剤師の先生が、もう一度と1泊で松山薬証会に来てくださった。
 2年と4ヶ月の間、2,3人の先生が抜けたが、7月24日、最後の日を迎えることが出来た。
 もっとも、聞くところによると、漢方の話よりも「先生の話を聞いているとパワーがもらえる」っということらしいが。
 そこで終わったら、アイドル並(?)に次々と「一緒に写真を」と声を掛けられて幸せな時間。
 そして高松と山陰で薬証会を、とお話を頂く。
 まずは秋には高松で・・・。
 昔、高松で薬証会を行った時、お世話になった医師のA先生やT先生は、リタイァされて会えないようだ。残念。
 
 松山から岡山に戻り、猛暑で弱っている野菜や庭の草花に水遣りをするため朝4時に起きる。
 この猛暑では、朝の4時から8時までの4時間しか屋外の作業が出来ない。幸い、この時間は虫も来ない。
 ほんと、地球は重病に。
 用水路から水をくみ上げて撒くための、エンジンのポンプが故障。
 棟梁が修理屋に出してくれて、松山薬証会の間に即解決。
 よかった。持つべきは友。

 







未分類

和気薬膳学校中級課程修了

 食を通して健康思想を伝えるために、和気薬膳学校と言う地域住民対象の会を始めて5年。
 初級課程(理論と生薬鑑定)のを受講し、試験に合格(初級課程修了)した人は60人。
 中級課程として、台湾の迪化街(漢方薬街)で薬膳用のセットとして販売されている台湾の定番の薬膳生薬セットを用い、生薬を鑑定し、薬膳を作り、食する実習が中級課程。
 生薬の煎じる時間には、その薬膳セットと配合生薬の講義も行って、朝10時から午後2時前までの4時間が1回の教程。
 実習は最も一般的な薬燉排骨に始まり、最後はエスニック薬膳として、坂巻幸子さんの指導でスープカリーまでの約10品目(10回)を経験した。
 さらに、和気町のものづくりフェスタのイベントに薬膳餅と健康茶を出品参加して、前年同様に盛況裏に終えた。
 さらに2名は先鞭を切って台北の迪化街見学の修学旅行を行い、本場の薬膳や素食を経験した。
 そして7月10日、中級課程の(厳しい)修了試験を行い、合格者(全員が合格)には、薬膳の基礎理論と実習経験を他人に伝え、教える力がついているということで、先生の資格「和気薬膳学校助教」の資格認定を行った。


 後日、2人の試験欠席者の追試験があるが、薬膳学校助教は全員が研究コース(上級課程)に進むことを希望した。
 研究コースは、大学院のように、薬膳餃子や月餅、薬膳粥、健康茶など5科目の班で分かれて開発研究をする(助教は各自の都合で複数のコースに参加できる。
 研究コースの課題は「薬膳店の家庭料理風の料理教室にはしない」、総意を集めて「オリジナルで、楽しく、美味しく、美しい独創的な薬膳を開発」することにある。
 開発品が、和気の名物、特産品にまで発展すれば最高である。
 どうも達成できそうな気がする。
 「継続は力なり」
 みなさん、熱心な参加、ありがとうございます。

 試験の翌日、迪化街に薬材の調査と仕入れに行くため予約したTigerair(台虎 台北⇔岡山空港)が颱風8号のために運休。
 無理して飛んで、そのまま天国まで飛ばれては困るから、まあいいか。
 そこで8月5日から9日までを予約した。





未分類

進化は偶然に
 大雨でPCの接続が断たれた。
 仕事関係の連絡が途絶えることを恐れて、台湾の関係先の知人に、携帯電話の相手に「メッセージを送る」を使ってみた。
 国内は、ガラケーの「ショートメール」と同様にi-phone-Xでもショートメールのつもりで「メッセージを送る」を使っていたが、海外は初めて。
 (当然なのだろうが)台湾の知人から返信がきた。

 カナダの娘とはいつもPCメールを使っていたが、この「メッセージを送る」を使ってみた。
 夏は暑さを避けて、虫除けで、早朝に庭仕事をする。4時に起きてみると、返事が来ていた。
 それに返事を送った。すぐ来た。また返事を打っていると突然娘が笑っている画面に代わる。
 えっ!! これはすごい。
 元気な顔を見ながら会話する。

 テレビ電話があることを知っていたし、PCで顔を見ながら会話することも知っていた。
 しかし、このi-phone-Xでそんなことが出来るとは思わなかった。
 これでは、うっかり老化していられない。
 好奇心一杯で、余生を楽しもう。
 

 

 
 

未分類

大雨安否見舞いに感謝

 例年にない大雨、線状降雨帯が四国、中国地方を襲い、甚大な被害に見舞われています。
 被害を受けられた方々に思いをはせ、被害の各地がいち早く回復されるように祈ります。

 晴れの国、年間降水量の少ない岡山、特に和気でも、6日、7日そして8日朝まで信じられない位の猛烈な雨が降りました。

 我が和気の町も、7日午前3時には避難勧告が発令され、すぐ近くの町役場に避難するように通知されました。
 ただ、我が家は大井川、金剛川の堤防が決壊しても耐えられると思い、避難せずに、我が家の二階にエアマットとエアポンプ、ウエットスーツを並べて就寝。
 一瞬、ヤフオクでカヌーを売らなきゃと良かった・・・と思った。
7日はPCのネット回線も切れて不通。チョット不安になったが、携帯電話が通じているのでひと安心。
 電話、メールと安否伺いの電話や「応援にいきましようか」という連絡を頂き、マダマダ皆さん気にかけてく下さっていると幸せ感。

 今は8日の正午、溜まった洗濯物を薄曇りの日に干して、一段落。
 バードテーブルには、おなかを空かせたスズメが来訪。
 日常に戻れました。 ご安心ください。 ありがとうございます。

 ところで10日は薬膳学校の中級課程の試験日、そして翌11日は台北に飛ぶ。その途中では台風8号とすれ違いになるかも。
 落ちるかな? なんか落ちそうな予感がする。
 旅行保険かけよ。 そうか、掛けても落ちる予防にはならない。