未分類

高知薬証会
 現役に終止符をうち、岡山県和気町に隠棲し、薬草木(山茱萸、山梔子、麦冬門)の植栽試験、薬証会(漢方臨床基礎講座)そして和気薬膳学校という名の趣味の会を岡地域のためにと、岡山限定で行って来た。
 しかし「老人は後進に道を譲り、妨げることなし」と隠棲のつもりだったが、徳島の薬証会、そして松山薬証会も昨年秋に2年余で終了した。
 しかし、台湾台湾順天堂からの依頼に応じ、さらに高知での薬証会(1回/月1年間)の要請を受けて、結局、忙しい日々となった。


 その上、神奈川県のBIOTOPIAから代表が和気まで来訪され、5時間に渡り歓談、交流、そして3月21日の講演を頼まれて受けてしまう。

 隠棲しているし・・・80歳だから・・・と言っても「年輪は若い物には少ない」とばかり、歳の功を求められると、つい「こちらが出しゃ張って人を押しのけ、席を譲らずにいる」のではないから、求められる限りは「やっぱり応じるべきかな」と思ってしまう。
いずれにしても難しく考えずに、声を掛けてくださることに感謝しようと心する。