帆走の練習

 AQUAMUSE 141 というカヌーに帆をつけたミニヨットがある。<急性心筋梗塞から復帰の日々>に体験を少し記載した。

 その後、このアクアミューズも乗れるようになって置きたいと葉山のヨットスクールに行った。指導頂いたイントラは以前にシーカヤックを教えて頂いて顔見知りの山本だいすけ先生だったので、いろいろ詳しく説明してもらった。
 ディンギーの艤装の説明、風に対して直角の帆走、次に風下、そして風上に切りあがる方法、ポイント、コツを教えて頂いた。
 最後の40分余りは、山本イントラはマストの下に座って、黙って私の判断であちこち走らせるのを許して下さった。
 そして最後に「ディンギーなら教えることはもうありません。あとはいろいろな状況で経験を積んでいくだけです」と。
 それはチョット早すぎると思い、出来るだけ早くセーリングコース(3回)のレッスンを終えることとした。
 なお、写真の座り方は「我流の人」のすわり方、正調は「膝を揃えて背筋を伸ばして座る」のだそうだ。
 次のレッスンからは正調でいくぞ!!

未分類

Posted by kano