サンシュユ植栽

宮崎のサンシュュ生産

 漢方薬物の90%近くが輸入なので、余生を過ごす一環として生薬生産を試みることとした。
 当初は美作市入田で始めたが、住居の関係で和気に移した。
 しかし、大きな誤算は、開始5年目にして和気の気候風土はサンシュユの植栽適地でないことが分かったこと。
 しかし、宮崎でサンシュユ生産に取り組むKさんから連絡があり、その後、訪問したり、情報の交換をしている。
 この九州南部豪雨のお見舞いメールをしたら、返信に育苗の様子を知らせてくださる。
 緩い傾斜地ではあるが、この畝が水没しないか心配とのこと。
 
 すごい苗の数。この苗圃の面積だけで、和気の植栽地の面積を越える。
 いつか大生産地になることが想像できる規模で、大いに期待できる。無事に豪雨を耐えられるように祈るばかり。
 

未分類

Posted by kano