漢方 講義 動画

2021年2月17日

漢方医薬学講義-動画

 漢方医薬学はの伝承は医療制度の変革に合わせて医師・薬剤師教育、実践の場(医師・漢方薬局など)が大きく様代わりした影響を受け、例えば「生薬の知識」の正しい知識の教育は消えてしまい、企業論理の生薬学が作り上げられて幅をきかす。
 80歳を機に、半世紀に渡り学び・経験した漢方医薬学の知識、経験は学会で発表したり、書籍など記録に残したが、そのレベルではないが、小さくても私にとっては宝のような知識、経験がある。
 それを墓場に持って行くのは残念で、同学の志に残したく、いろいろ考えた結果、臺灣順天堂薬廠の依頼を機に、動画として残すことにして、臺灣順天堂とは別に動画造りを始めた。
 幸い、自宅は田舎なので1室をスタジオに簡易改装した。
 私の講演は常に白板に板書だが、動画作成に学会発表形式でプロジェクターで写してみた。
 しかし鮮明度が劣るのでソニー65インチTVをモニターにし、ソニーの4Kハンディカメラを設置した。

 照明などの設定、監督、カメラマンも、そして当然、演者も独りの現場である(上写真はスタジオ)。
 もちろん新型肺炎の三密と関係ないが、無観客撮影となっている。
 各題の原稿は40余出来たので、撮影を始めたが1週間余で10題が出来た。
 素撮りの試作としてできたのが①病因 ②八綱弁証 ③四獣神と薬材 ④腎の病証と治療 ⑤夜間尿 ⑥瀉下薬・大黄・芒硝 ⓻生姜・乾姜 ⑧白朮。蒼朮 そして薬膳として⑨蟲草菇菇湯 ⑩薬燉排骨 の理論から診断、生薬、さらに薬膳の利用までを代表した10話。



上写真のような感じで出来ました。

 DVDは容量の関係で無理なので、3テラの外付けハードディスクを動画専用として、知人には携帯用ハードディスク(BUFFALOのSSDで240GB)に記録して送ることにした。
 早速、手持のHDに入れて宅急便で知人に送った。
 そしてさらに新しくBUFFALOのSSDを4つ購入して、これらにコピーして送る作業に入る。
 素撮りで編集ソフトも使っていないが、より良くするための意見依頼なので、次の収録の間に、出来るだけ多くの知人に転送し、意見をお願いしたいと思っているので、ぜひ、ご連絡下さい。
 みんなで医科大学・薬科大学の講義の副読本、興味あるを作りませんか?
 漢方に関心ある一般の人に提供しませんか?
 さらに多くの漢方の学会・業界の知人に出演してもらい、みんなで医科大学、薬科大学の副読本をつくりませんか?
 これを一言残したいというものがあればどうぞ。
 「こんなこと」と思う事でも、それを知らない人には宝です。
 また、和気のいろいろを実写して、観光資源だけでなく、「〇〇さんの一年」などとして、知人を通して和気の土地の魅力を伝えたいと夢は広がる。




 
 

未分類

Posted by kano